本文へスキップ

株式会社Kenビジネススクールは不動産取引を専門とする教育機関です。

TEL. 03-5326-9294

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-7ストーク新宿1F

宅建判例Court cases

宅地建物取引士資格試験で出題されたことのある、又は出題される可能性がある最高裁判所の判例をまとめております。


近時の重要判例(年度別)



判例検索システム


オールアバウト最新判例記事


過去に出題されたことのある判例(民法)


第1編 総 則


第1章 通則(第1条−第2条)

第2章 人
 第1節 権利能力(第3条)
 第2節 行為能力(第4条−第21条)
 第3節 住所(第22条−第24条)
 第4節 不在者の財産の管理及び失踪の宣告(第25条−第32条)
 第5節 同時死亡の推定(第32条の2)

第3章 法人(第33条−第84条の3)

第4章 物(第85条−第89条)

第5章 法律行為
 第1節 総則(第90条−第92条)
 第2節 意思表示(第93条−第98条の2)
 第3節 代理(第99条−第118条)
 第4節 無効及び取消し(第119条−第126条)
 第5節 条件及び期限(第127条−第137条)

第6章 期間の計算(第138条−第143条)

第7章 時効
 第1節 総則(第144条−第161条)
 第2節 取得時効(第162条−第165条)
 第3節 消滅時効(第166条−第174条の2)

第2編 物 権



第1章 総則(第175条−第179条)

第2章 占有権
 第1節 占有権の取得(第180条−第187条)
 第2節 占有権の効力(第188条−第202条)
 第3節 占有権の消滅(第203条−第204条)
 第4節 準占有(第205条)

第3章 所有権
 第1節 所有権の限界
  第1款 所有権の内容及び範囲(第206条−第208条)
  第2款 相隣関係(第209条−第238条)
 第2節 所有権の取得(第239条−第248条)
 第3節 共有(第249条−第264条)

第4章 地上権(第265条−第269条の2)

第5章 永小作権(第270条−第279条)

第6章 地役権(第280条−第294条)

第7章 留置権(第295条−第302条)

第8章 先取特権
 第1節 総則(第303条−第305条)
 第2節 先取特権の種類
  第1款 一般の先取特権(第306条−第310条)
  第2款 動産の先取特権(第311条−第324条)
  第3款 不動産の先取特権(第325条−第328条)
 第3節 先取特権の順位(第329条−第332条)
 第4節 先取特権の効力(第333条−第341条)

第9章 質権
 第1節 総則(第342条−第351条)
 第2節 動産質(第352条−第355条)
 第3節 不動産質(第356条−第361条)
 第4節 権利質(第362条−第368条)

第10章 抵当権
 第1節 総則(第369条−第372条)
 第2節 抵当権の効力(第373条−第395条)
 第3節 抵当権の消滅(第396条−第398条)
 第4節 根抵当(第398条の2−第398条の22)

第3編 債 権


第1章 総則
 第1節 債権の目的(第399条−第411条)
 第2節 債権の効力
  第1款 債務不履行の責任等(第412条−第422条)
  第2款 債権者代位権及び詐害行為取消権(第423条−第426条)
 第3節 多数当事者の債権及び債務
  第1款 総則(第427条)
  第2款 不可分債権及び不可分債務(第428条−第431条)
  第3款 連帯債務(第432条−第445条)
  第4款 保証債務
   第1目 総則(第446条−第465条)
   第2目 貸金等根保証契約(第465条の2−第465条の5)
 第4節 債権の譲渡(第466条−第473条)
 第5節 債権の消滅
  第1款 弁済
   第1目 総則(第474条−第493条)
   第2目 弁済の目的物の供託(第494条−第498条)
   第3目 弁済による代位(第499条−第504条)
  第2款 相殺(第505条−第512条)
  第3款 更改(第513条−第518条)
  第4款 免除(第519条)
  第5款 混同(第520条)

第2章 契約
 第1節 総則
  第1款 契約の成立(第521条−第532条)
  第2款 契約の効力(第533条−第539条)
  第3款 契約の解除(第540条−第548条)
 第2節 贈与(第549条−第554条)
 第3節 売買
  第1款 総則(第555条−第559条)
  第2款 売買の効力(第560条−第578条)
  第3款 買戻し(第579条−第585条)
 第4節 交換(第586条)
 第5節 消費貸借(第587条−第592条)
 第6節 使用貸借(第593条−第600条)
 第7節 賃貸借
  第1款 総則(第601条−第604条)
  第2款 賃貸借の効力(第605条−第616条)
  第3款 賃貸借の終了(第617条−第622条)
 第8節 雇用(第623条−第631条)
 第9節 請負(第632条−第642条)
 第10節 委任(第643条−第656条)
 第11節 寄託(第657条−第666条)
 第12節 組合(第667条−第688条)
 第13節 終身定期金(第689条−第694条)
 第14節 和解(第695条−第696条)

第3章 事務管理(第697条−第702条)

第4章 不当利得(第703条−第708条)

第5章 不法行為(第709条−第724条)

第4編 親 族


第1章 総 則(第725条−第730条)

第2章 婚 姻
 第1節 婚姻の成立
  第1款 婚姻の要件(第731条−第741条)
  第2款 婚姻の無効及び取消し(第742条−第749条)
  第2節 婚姻の効力(第750条−第754条)
 第3節 夫婦財産制
  第1款 総 則(第755条−第759条)
  第2款 法定財産制(第760条−第762条)
 第4節 離婚
  第1款 協議上の離婚(第763条−第769条)
  第2款 裁判上の離婚(第770条−第771条)

第3章 親 子
 第1節 実 子(第772条−第791条)
 第2節 養 子
  第1款 縁組の要件(第792条−第801条)
  第2款 縁組の無効及び取消し(第802条−第808条)
  第3款 縁組の効力(第809条−第810条)
  第4款 離 縁(第811条−第817条)
  第5款 特別養子(第817条の2−第817条の11)

第4章 親 権
 第1節 総 則(第818条−第819条)
 第2節 親権の効力(第820条−第833条)
 第3節 親権の喪失(第834条−第837条)

第5章 後 見
 第1節 後見の開始(第838条)
 第2節 後見の機関
  第1款 後見人(第839条−第847条)
  第2款 後見監督人(第848条−第852条)
  第3節 後見の事務(第853条−第869条)
  第4節 後見の終了(第870条−第875条)

第6章 保佐及び補助
 第1節 保 佐(第876条−第876条の5)
 第2節 補 助(第876条の6−第876条の10)

第7章 扶 養(第877条−第881条)

第5編 相 続


第1章 総則(第882条−第885条)

第2章 相続人(第886条−第895条)

第3章 相続の効力
 第1節 総 則(第896条−第899条)
 第2節 相続分(第900条−第905条)
 第3節 遺産の分割(第906条−第914条)

第4章 相続の承認及び放棄
 第1節 総 則(第915条−第919条)
 第2節 相続の承認
  第1款 単純承認(第920条−第921条)
  第2款 限定承認(第922条−第937条)
 第3節 相続の放棄(第938条−第940条)

第5章 財産分離(第941条−第950条)

第6章 相続人の不存在(第951条−第959条)

第7章 遺言
 第1節 総 則(第960条−第966条)
 第2節 遺言の方式
  第1款 普通の方式(第967条−第975条)
  第2款 特別の方式(第976条−第984条)
 第3節 遺言の効力(第985条−第1003条)
 第4節 遺言の執行(第1004条−第1021条)
 第5節 遺言の撤回及び取消し(第1022条−第1027条)

第8章 遺留分(第1028条−第1044条)


⇒戻る



バナースペース

株式会社Kenビジネススクール

〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-12-7ストーク新宿1F

TEL 03-5326-9294
FAX 03-5326-9291