登録実務講習

登録実務講習

Kenビジネススクールで受講するメリット

修了証は即日発行
2日間で実施されるスクーリングの2日目の最後に修了試験を実施します。終わった方から提出し、その場で担当講師が採点致します。80点以上であればその場で修了証を発行しお渡し致します
都道府県庁で登録手続を行う際に原本を提出して下さい。
テキストは戸建売買の媒介の基本事例で分かりやすく説明
登録実務講習で修得しなければならないスキルは、「重要事項説明書面を作成する際に必要となる物件調査をスムーズに行う知識」「収集した調査資料を正確に重要事項説明書面に転記する能力」「作成した重要事項説明書面の内容を買主等にわかりやすく説明する能力」「法的に抜け目のない、当事者の意思が十分に反映された契約書を作成する知識」です。

弊社で使用するテキストは、上記のスキルを短期間で身に着けてもらうために、実務で最も慎重さを要する戸建住宅の売買契約の媒介という基本事例の資料集が添付されています。

2日間のスクーリングでは、担当講師の指示により、テキストにある資料集と設定事例をベースに重要事項説明書面と契約書面を作成してもらいます。その際に、順序立てて作成するための「講義ノート」(別冊)を使用します。講義ノートには、作成時のポイントや注意点が随所にあり、また、講義中に講師が話す実務での「おいしい話」などを書き留めるための余白も多くとっております
登録実務講習テキストと講義ノートの一部
Kenビジネススクールは不動産業界の人事部門に精通しています
弊社は、宅地建物取引士資格試験、マンション管理士試験、管理業務主任者試験、賃貸不動産経営管理士試験、不動産取引実務研修、その他法改正セミナー等について、大手不動産会社から中堅の宅建業者に至るまで多くの講師を派遣し、人事を含めた総合的なプロデュースを主たる業務としています。
登録講習(5点免除講習)や登録実務講習・法定講習を主たる業務としている実施機関とは、この点が大きく異なります!受講者の半数程度は弊社の講師による社内研修により合格した方であり、実際に不動産会社に勤務する他社の新卒の社員と情報交換したり、将来の人脈を築くこともできます。

もちろん、これから不動産会社に勤務することをお考えの方に対しては、弊社講師及びスタッフにより実質的なアドバイスが受けられます。不動産業界といってもその業務内容は多岐にわたるので、それぞれについての労働条件や給料等のアドバイスが可能です。
10年以上の企業研修実績 講師のスキルは業界トップクラス
2016年度合格者限定のキャンペーン実施中
2016年度の宅建試験に合格した方が、2016年12月中にお申込み頂いた場合は定価よりも最高で7000円お安くなります(弊社の講座を過去に受講された方であり、かつ、今年の宅建試験の解答入力にご協力下さった場合の割引の場合)。

登録実務講習キャンペーン実施中

登録実務講習の目的・効果・受講資格

宅建試験に合格しただけでは宅地建物取引士としての職務はできません。一定の実務経験が必要となります。このページでは、宅地建物取引業法で義務付けられた登録実務講習の目的・効果・受講資格についてご説明しています。

 

登録実務講習の内容と学習の進め方

登録実務講習で学ぶ科目と時間、学習の進め方について説明しています。

 

時間割(登録実務講習)

登録実務講習は通信と通学(スクーリング)で実施されます。スクーリングでは実際に会場に足を運び講師による講習と演習を行います。このページでは、スクーリング時における時間割を提示しています。

 

修了試験と修了証の発行(登録実務講習

スクーリングを受講した後に修了試験を受験し8割以上正解すると修了証が発行されます。


開講日程と会場

Kenビジネススクールで実施する登録実務講習の開講日程と会場について掲載しております。
受講人数等により会場が変更となる場合もあります。受講前に再度ご確認下さいませ。

 

よくある質問

このページでは、登録実務講習の受講者から寄せられるよくある質問について、Q&A形式でまとめております。ご活用くださいませ。